一夏の怖い話
夏といえば怖い話。怖い話といえば稲川さん。まぁでもここじゃ稲川さん全く関係ないけどね。怖い話が置いてあるので彼女と二人で見たりするといいですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1話「Stating stoRy」
日本のエランシアが終了してから4年の月日が過ぎ去った今

韓国という舞台で新たなる冒険が始まろうとしていた…。

じこしょ

彼の名は「れぃぽー侍」

村一番の腕っぷし。狙った的は外さない、正確無比な弓のエキスパート。

そんな彼の旅立ちを村は総出で見送った。

kokyo

もう戻る事のないであろう故郷を、最後に一目見た。

「みんな・・・いってくる!!!」

こうして冒険は幕を開ける…



彼が最初に降り立った町はここロランシア。

rora

自分の村とは比べ物にならないほどの大きな町。圧倒される。

とりあえず疲れたから宿を探そう。戦士の休息、続きは起きてから書こう・・・
スポンサーサイト
テレビの下の・・
どーも数年ぶりですね。
いや忘れてたとかじゃないですけどね。うんホントに。
だってそろそろねぇ?時期じゃない?そのー例の霊のね?
まぁ前置きってうざがられるからこのくらいで。



テレビの下の・・


当時俺が高校生だった頃のお話です。

体験者は自身なワケでね、こいつは相当キましたね。

もうホントただその日は学校から帰ってからぼーっとテレビを見てたんですよ。

そしてチャンネルを変えようとリモコンを探してるとね・・・






いたんですよ・・・ヤツがね・・・






・・・・・・そう、リモコンのヤツがね・・・いたんですよ。

こんな所にあったのかとチャンネルを変えましたね。

でも異変に気づいたのはその後でした。

リモコンでボタンを押してもね・・・変わらないんですよ。

おかしいなと思いましたね・・・。ちゃんとそのテレビのリモコンでしたからね・・・。

ここで完全に異変に気付きましたね。普段あるものがなくなってるんですから。





・・・電池残量がなくね?





そう、ただの電池切れでした。

まぁ直接テレビについてるボタン押すことで事なきを得たんですが。

それでリモコンはもう意味ないのでそこらへんに置いといたんですが、

寝っ転がってて体勢を変える時にリモコンを蹴ってしまい、スルスルスルーっとテレビの下へ。

「おいおい、何やってんだおれ」っとリモコンを取りにテレビに近付き、テレビの下に手を入れた。

ほこりまるけだったので、キレイ好きの俺としては手を洗いにいかなくちゃと思ったわけですよ。

手探りでリモコンを探し、つかんでひっぱったんですよ。すると何かがついてきたんですよ一緒に・・・





・・・そうほこりのヤツがね・・・ついてきたんですよ一緒に。






BIGりしましたねもうホントBIGり。でかいなーって感じでしたもん。ほこりが。

手洗ってまぁ部屋に戻って寝たんですけどね。ホントテレビの下は定期的に掃除した方がいいね。

テレビの下は行き場をなくしたもの達が集まりますからね、気をつけた方がいいですよ。おわり。
言葉
(이)라고 째-들 , 걸려 와라나(てめーら、かかってこいや)

・10人の韓国人にPKされそうになった時にFenrirがはなった言葉。
聖堂での祈り、職業など必要な言葉
직업(職業)

・そろそろ就職するか・・・職にお困りの方は聖堂へ(現在47歳男性)
メモ ぇ
레이시수

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。