FC2ブログ
一夏の怖い話
夏といえば怖い話。怖い話といえば稲川さん。まぁでもここじゃ稲川さん全く関係ないけどね。怖い話が置いてあるので彼女と二人で見たりするといいですよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベットの下の・・
どうもこんばんわ。今日は昔霊感の微妙に強いタメの友達に何度も聞かされてうざかった話を載せます。ん、俺の前置きみたいなのもうざい?・・・だよねー^^;
調子こいてたみたいですいません^^;




ベットの下の・・

当時俺が中学生だった頃のお話です。
俺の友人はマンションに住んでいて、自分の部屋は2階にあり、
部屋にいる時は大概ベットの上にいたそうです。
得に理由らしき理由は無かったそうですが。
それでたくさん入った飴を袋からひとつ取り出し、袋を下にぽーんとおいた。
1個食べ終わり、もう1個食べようかと思っていたらおいたはずの袋がない。
あれ?と思い、部屋中を探したのですが見つからず。
それまでにもちょくちょく部屋の中の物がなくなっていたそうです。
ある日、ベットの下においておいた缶ジュースが無くなったみたいで、
絶対おかしい、さっきまでそこにあったのに・・俺動かしてないし・・。
そう思った友人は部屋をくまなく探しました。
そこでふと気づきました。そういや1つだけいつも探してない場所があったと。

それはベットの下です。

その時急に何か寒気がしたと言っていました。
もう頭の中は「誰かがこの下にいる」という考えでいっぱいで、
そう思ったらもうその場を動けなかったらしいです。
最初は泥棒か何かかと思って、その場をゆっくりと去り、
親にその事を伝えバットなどを持って父、母、友人の3人で部屋に向かったそうです。
父がしゃがみ、そっとベットの下を覗くと・・
そこには缶ジュースやら飴の袋やら今まで無くなったものがすべて集められてたそうです。
「なんだゴミがおいてあるだけじゃないか」と父が言い、
友人は必死に「俺ベットのしたに置いた覚えなんてないんだって!ジュースだって飲みかけだし、
ベットの下に置く意味がわかんねーじゃん!」と言ったが父は
「じゃぁ次無くなったらまた言いなさい」と言って母と部屋から出て行った。
「ありえねー・・」俺が気づいて下に親を呼びに言った間に絶対逃げたんだ。
そう思いベットの下の缶ジュースやタバコを取ろうと手を伸ばした。
肩までベットの下にいれ、奥の缶ジュースを握ったその時。
缶を握った手の手首をあついものにしめつけられた。
びっくりして手をすぐ引っ込めると、手首から血がぽたぽた垂れていた。
すごく怖くなり声をあげながら下におりて親のもとにいった。
親は泣きながら手首から血を流して駆け寄ってくる我が子にすごく驚いたそうです。
ただ事じゃないと思い父は警察に電話。母は腕の傷口をタオルでおさえ、
軽く切れてただけだったみたいなので縫ったりは必要なかったらしいですが。

その事件があった次の日友人は学校を休みました。
警察の調べでは不審者などいた様子はなく、しかしそこに手首を切れるような物も無かったということ。
友人のうちはマンションだったので、部屋を変えてもらったそうです。

それ以来あの部屋は違う家族が使ってるみたいですが、何も起きてないらしです。

なんのために下に物を集め、腕を切ったのか全く事件は解決せぬまま今に至るのです。大家さんは何もないと言い張ってたそうですが、俺が思うにあの部屋で手首を切って自殺した人でもいるのではないかと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。